ITトレンド最新情報

日々進化し、技術革新の絶えないITトレンドニュース。
皆様のビジネスやオフィスに影響がありそうな記事をキャッチし、随時更新しています。

Bluetoothとは?各バージョン(規格)の違いは?

2019-10-18

皆様お世話になります。

今回は、機器同士、ケーブルで繋ぐことなくワイヤレスでデータ送信のできるBluetooth。
「Bluetooth5.0」「Bluetooth4.0」など数字が後ろについているブルートゥースの後の数字の意味?その数字の違い?数字によって特徴や性能などが変わってくるのか?お話させていただこうと思います。

Bluetooth5.0や4.0などの数字の意味

Bluetoothには「5.0・4.2・4.1・4.0」といったバージョン(規格)があるのをご存知ですか?
数字の意味とは?数字が大きい程性能がいいの?特徴や性能の違いはあるのか?

Bluetooth自体がよく分からないなあ、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
スマホを持ってる方は知らないうちに、Bluetoothを使っているかもしれません。

iPhoneのAirPlay、および位置情報サービスを利用する場合はBluetoothが必要です。
「設定」を見るとBluetoothがオンになっていると思います。

他にイヤホンや車のカーナビとスマホをBluetoothで接続設定があります。
設定と聞くと大変そうに感じるかもしれませんが、Bluetoothのペアリングは初回に1度設定するだけでOKです。

Bluetoothのバージョン(規格)をご紹介します。
1.1以前のバージョン(規格)もありますが、1.1から普及したので、以前のバージョン(規格)は省きます。
Bluetoothのバージョン(規格)が古いほど数字が小さく、大きい程バージョン(規格)が新しくなります。現在Bluetoothの最新バージョン(規格)は5.0。データ通信速度が4.0の2倍となり、遅延解消が期待されています。

Bluetoothバージョンごとの性能・機能

多岐にわたるBluetoothのバージョン。分かりやすいよう表にまとめました。

切替 EDRがオプションで追加。2004年11月公開。
2.1 ペアリングが簡略化。近距離無線通信の NFCに対応。スリープ時間が多い機器のバッテリーを最大5倍延長できる「Sniff Subrating」機能が追加。2007年3月公開
3.0 最大通信速度が24Mbpsとなる High Speed (HS) がオプションで追加できるようになった。省電力性が向上。2009年4月公開
4.0 大幅に省電性向上。多彩なプロファイルに対応。2009年12月公開。
4.1 モバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能、を追加
4.2 データ通信速度2.5倍高速化。
5.0 データ通信速度4.0の2倍。通信範囲は最大で4倍の400m。

 

Bluetoothバージョンの各バージョンの違い~4.0と4.1

●通信品質の向上
スマートフォンなどのモバイル機器は、様々な周波数帯を利用しており、Bluetoothが利用する周波数帯に似ていると電波干渉が起きてしまう事があります。Bluetooth4.1は、電波干渉を抑える特徴があり、通信品質が向上しています。

●自動再接続機能が追加された
Bluetooth4.1は自動再接続機能が追加され、大変使いやすくなりました。例えば、子機を部屋において、親機であるスマホを持って出かける場合、電波の接続範囲距離が離れたのを確認して切断。親機が電波の距離の範囲に戻ってくると自動的に再接続してくれる特徴があります。

●ネット接続の簡略化
Bluetooth4.1は新しくIPv6をサポート。インターネットにダイレクトに接続する事が出来るようになりました。この為、インターネットへ接続・通信がこれまでより簡略化されました。

●転送速度が速くなった
Bluetooth4.2は使っている方が多いと思います。Bluetooth4.2の特徴として、転送速度が最大で2.5倍にもなりました。

Bluetootnバージョンの各バージョンの違い~4.1と5.0

●転送速度が速くなった
Bluetooth5.0は、条件が揃えば転送速度が2倍となりました。
データが届くスピードがBluetooth4.0の2倍、2Mbps程になるという事です。

●電波の届く距離が伸びた
Bluetooth5.0は電波が届く距離が伸びました。電波が届く距離は最大で400メートルです。
家の中で電波の届く距離が短くて切れてしまう事はなくなりそうです。
電波が届く距離が増えても、壁にぶつかると最大の400メートルより距離が短くなってしまいます。
そのため、400メートルという長い距離電波が届く仕様となります。
今後のバージョンアップで電波が届く距離がどんどん伸びていくでしょう。

●Bluetooth5.0の特徴
最新バージョン(規格)のBluetooth5.0は、転送速度・電波の距離といったBluetoothに必須の性能が向上。又、他にもいくつもの機器を一度に制御できる性能を兼ね備えました。
これまでよりBluetoothが生活に身近に便利になる事になります。

Bluetootnバージョンの各バージョンの互換性は?

Bluetoothはバージョン(規格)間での互換性はあります!Bluetoothは上位互換があるので、.3.0以降であれば新しいバージョンが古いバージョンに対応しています。
iPhoneの場合、iPhone8からBluetooth5.0対応になりました。iPhone8やiPhoneXはBluetooth5.0ですが、Bluetooth4.1や4.2に互換性があるため使う事が出来るの事が可能です。ただし4.0と3.0では通信方式とプロファイルを一致させないと使えない場合もあるようです。4.0以上のバージョン(規格)を使えば間違いないでしょう。

以上、Bluetoothについて簡単ですがまとめさせて頂きました。
Bluetoothイヤホンを使用すれば、ケーブルが絡まずに断線の心配が少ない。又、スマートフォンから離れていても音楽が聴けるなど快適に使用することが可能になると思います。

このブログを見てBluetooth導入を是非ともご検討頂けたらと思います。

ITトレンド最新情報一覧に戻る
次へ